50代の転職

50歳の転職を成功させる

 

1.50歳の転職の明暗
 50歳と言えば、企業の中ではそれなりの高いポジションにつき、給料も最も高くなる年齢となります。しかし企業はシビアに、給料が高い割にはその生産性は低下していないかどうか判断している年代年齢でもあります。そこで、転職する場合には、人脈を使うなどうまく立ち回れば、高収入が得られるのに対して、そうでない場合には新卒と変わらない程度の給料しか貰えないようなことになることもあるのです。また、万が一この年齢でリストラされると、次の仕事を見つけるのはなかなか難しいという事実があります。しかし、キャリアや人脈を積んできた人は高収入の転職先を見つけることも可能です。つまり、50歳の転職は、勝ち組と負け組がはっきりと別れる年齢ということです。

 

2.企業が求める50歳転職者に求めるものは
 企業が50歳の転職者に求めるものは、企業内の特定分野で欠けている穴を埋めるコアスキルを持っていることです。また、同時に即戦力でありながらも、既存社員よりも高い能力を持ち、在籍社員の教育や指導といったマネージンができること。そして、会社の成長に貢献できるような人材を求めています。さらに、人柄や考え方なども+αで考慮します。

 

 そこで、企業がどんなスキルや経験を企業側が求めているかを知るポイントは

 

  • 企業のサイトをチェックしたり、どういう募集要項を確認する
  • エージェントに確認するか、企業に聞いてもらう
  • ネットで評判など検索する
  • 知人や友人などツテがあれば聞いてもらう

 

3.雇用のミスマッチを防ぐ
 50歳で仕事を探す場合には、転職希望者と求人の需要と供給がマッチしていないため、残念ながら選択肢の幅は少なくなります。それでも、そんな中で、少しでもその確率を高める必要があります。しかし実際には、採用動向が活発なのに求職者が少ない業界とその逆のケースなどがあり、選択肢の少ない50歳の転職では、こういったミスマッチが多く、求人があっても応募できない、あるいはする気にならない求人があります。そこで、転職活動では、こういった雇用のミスマッチがあることを自覚しながら、 自分の希望とズレた求人があることも覚悟して活動を行う必要があります。

 

4.まとめ
 50歳の転職活動は、一筋縄ではいかないケースが多いかもしれません。また、需要と供給のバランスからどうしても時間がかかることも否めないでしょう。それでも、できる限りの人脈や、転職エージェント、ネットなど幅広い情報媒体を活用して、あきらめない気持ちがあれば何とか道は開けてくるでしょう。

 

 

《特集ページ》
中高年の転職について

 

ニートの就職支援情報
脱ニートする!就職活動を始めるなら、まずこちらから。

 

JIMS 社団法人経営労働協会

 

大卒の就職活動支援
大学以外で情報収集するには?お教えします。大卒の就職

 

http://xn--30-bd3crd173zjcegs4a.net/
30代の転職を応援するサイト